入院について

 医師を中心に、看護師、公認心理師、精神保健福祉士、作業療法士、管理栄養士などがチームを組み、患者様お一人おひとりの個性と自主性に合わせたケアを行っています。

入院手続きに必要なもの

健康保険証等

 各種健康保険証、各種受給者証、食事代減額認定証を受付にご提出いただきます。生活保護の方はその旨お申し出てください。入院後も月に一度健康保険証のご提示をお願いしています。 確認できないときは自費請求になる場合がありますので、ご注意ください。 入院後健康保険証や住所の変更がある場合は、お早めにお知らせください。

印鑑

 入院誓約書捺印のためご持参ください。

入院誓約書

 受付にて必要事項を記入し、提出をお願いします。精神保健福祉法に基づいた医療保護入院の手続については、職員にご相談ください。

入院保証金

 3万円(退院の際に清算させていただきます)

入院時準備していただくもの

洗面用具一式

石鹸・石鹸箱、歯ブラシ・歯磨き粉、ヘアブラシ、シャンプー・リンス、洗面器、プラスチック製コップ

衣類と着替えには必ずお名前を記入してください。

(他の患者様との間違いを防ぐため及び洗濯を外部業者に委託しているためです)

  • ・下着類5組、上着(普段着)3組、寝間着3組、トレーニングウエア上下、タオル2枚、バスタオル2枚、ティッシュペーパー、電気カミソリ(男性)、生理用品(女性)等
  • ・化粧品

    ※日常使用のものでプラスチック容器に入れ替えてお持ちください。
    破損すると危険です。

  • ・化粧用鏡

    ※症状により、病棟で預かる場合があります。

  • ・室内履き

    ※歩行障害のある方や高齢者は、転倒事故防止のためスリッパ以外の室内履きをお買い求めいただくことがあります。

入院の当日

入院される方は精神科ソーシャルワーカーが入院手続きいたします。

  • ・入院に関するお約束(入院申込書)をご提出ください。
  • ・健康保険証、ご加入の保険証をお持ちください。

    ※毎月の確認が必要となります。入院費お支払いやご面会来院時をお願いします。
    また、内容変更時はお申し出ください。

  • ・診察券をお持ちください。
  • ・入院時間はできるだけ午前中にお願いいたします。ただし、診察後入院の患者様は診察時間が 遅くなりお待たせすることがありますのでご理解ください。
  • ・突発事故や、やむを得ない事情等で入院ができなくなった場合は、必ずご連絡ください。

入院費、諸経費の手続き

 入院費は社会保険・加入各種保険請求部分については、毎月末締で翌月10日に請求となります。そのほかに、事務でお預かり金をコンピュータ管理しています。生活管理費、クリーニング代等諸経費等は、お預り金から引き落とし、 または不足の方にはご請求いたします。
 それぞれ月ごとにまとめて、患者様、またはご家族へお知らせいたしますので、お預り金の充当をお願いいたします。

診断書・証明書の発行

 勤務先・保険会社等へ提出する診断書・証明書は医師・看護職員または精神科ソーシャルワーカー、事務職員へお申し出ください。
 退院後の書類等は事務職員へお申し出ください。

退院手続き

 当日までの入院費をお支払いいただいた後、退院となります。
 緊急退院以外は、退院日が土曜・休日に当たるときは、前日までにご請求させていただきます。お支払いに支障がある場合は、予め事務職員へお申し出ください。

精神科ソーシャルワーカー

 医療費や生活上の公費負担等に関するご相談をうかがいます。
 入院時に患者様、ご家族とお話をいたしますが、その後の入院生活や退院後の生活上、その他いろいろな問題についてもお気軽にご相談ください。

患者サポート体制相談窓口について

 1F受付には、精神科ソーシャルワーカーを中心に相談窓口を設置しております。
 皆さまが安心して治療に専念いただけるよう、ご相談をお受けしております。

入院のしおり

入院される方へお渡ししているパンフレットをご覧になる方はこちら

  • 精神科デイ・ケア/ショート・ケア
  • リワーク(復職デイ・ケア)
  • 精神科作業療法
  • カウンセリング
  • 職員採用情報
  • 各部門紹介
  • 医療法人社団 健心会 就労支援センターsoel
  • お問い合わせ
ページの上部へ